残り香くんくん

c0188928_13451853.jpg

昨夜の残り香 強く吸い込むと・・・焚き火の煙にふたたびむせぶほど
風に洗ってもらおうとコートを1日ベランダに干していたけど
くんくん・・・まだかすかにスモーキー

「神話を語る夜」の前にソーイングギャラリーでの「繕いの便り展#15」で
糸紡ぎセットを買いました
綿の糸紡ぎにトライしてみます(何年越しのトライ?^^; )

c0188928_13452990.jpg

焚き火が出来る庭があるなんて・・・ほんとにすばらしい

アラスカの神話、ハワイの神話、日本の神話

いくつもの神話を語ってくれたのは写真家の赤阪友昭さん
星野道夫さんと同じくアラスカ先住民クリンギット族から
クマの一族として迎え入れられた方

クリンギット族の神話の語り部ボブサムさんの通訳として日本を回る内に
いつの間にかボブサムさんから赤阪さんへの口伝伝承が完成され・・・
照明を消して焚き火の灯りだけで この夜 最後に語られた神話は
4年前にボブサムさんからも聞いた「ワタリガラスの神話」でした

その前に話してくれた星のおはなし
星は空の天幕の穴で神様の覗き穴 よく見たい時には天幕をスッと切り裂き
下界をながめる・・・これが流れ星
流れ星に願い事をするのは神様がしっかり見てくれているから
かわいいお話^^

アラスカ ハイダ族の神話の時には木々をバックに設置されたスクリーンに
美しい写真が映し出され 闇夜にクジラが潮を吹き、鹿が顔を出し、海が森があらわれました



つかみどころがなかったり不条理だらけに思えたりもする神話の世界
そもそもこの世は不条理なもので その不条理に地球上のあちらでこちらで
人間達は同じような物語を見つけ意味を見つけて力にして大切な事を
守るべきものを未来へ繋げてきた・・・

今も太古の神話は生き続け きっとあたらしい神話が日々生まれている
しあわせな物語がたくさん生まれますように


by macokuma | 2017-01-29 23:47 | Comments(0)

作品紹介/日々のあれこれ